翻訳コラム by 石川正志
トップページに定期的に連載している「翻訳コラム」を、バックナンバーとしてまとめました。このコラムでは、金融の世界で使われる独特の表現を一つずつ取り上げ、説明いたします。

金融業界では固有の表現や用語が使われており、辞書などをみても、なかなか適切な訳語が見つかりません。証券・運用業界での実務経験、経済新聞の購読、業界紙の読み込みなどを通じて、「この英語はこの日本語を充てるとピッタリくる」という事例を紹介して参ります。
long-term investors - 長期投資家

皆様よく御存知の通り、投資・運用の世界には、「長期」、「短期」という概念があります。

「収益成長が中長期的に市場平均を上回る」
とか
「長期の時間軸で」
といった表現がよく使われます。

読者の皆様は、long-term investorsを何と訳されるでしょうか?

ズバリ、「長期投資家」という言い方がまず挙げられるでしょう。「長期的投資家」とはあまり言わないように思います。

筆者はもう少し説明調に訳すことが多いです。以下のような感じです。

「長期志向の投資家」
「長期スタンスに立つ投資家」
「長期運用を目指す投資家」

一覧へ
株式会社ワードトラスト
WORD TRUST English お問合せはこちらへ 電話:03-6427-0061