翻訳コラム by 石川正志
トップページに定期的に連載している「翻訳コラム」を、バックナンバーとしてまとめました。このコラムでは、金融の世界で使われる独特の表現を一つずつ取り上げ、説明いたします。

金融業界では固有の表現や用語が使われており、辞書などをみても、なかなか適切な訳語が見つかりません。証券・運用業界での実務経験、経済新聞の購読、業界紙の読み込みなどを通じて、「この英語はこの日本語を充てるとピッタリくる」という事例を紹介して参ります。
momentum - モメンタム

以前に取り上げたかも知れませんが、最近の金融市場の動向に関連して、momentumという用語の訳を考えてみたいと思います。

momentumは株式市場で株価が上昇している動きを示すのによく登場します。market momentumとかprice momentumとか、様々な形で出てきます。

いろいろな訳し方がありますが、金融の世界では、そのまま「モメンタム」という言い方が、ある程度通用すると思います。

「株価の上昇モメンタムが強まっている」

日本語に訳すとすれば、以下のような表現でしょうか。

「株価が騰勢を強める」
「米国株の上昇に弾みがつく」
「上昇機運が高まっている」
「アベノミクス相場が勢いを増している」

もちろん、資産の価格が下落する方向で、momentumが強まる局面もありますから、

「下落基調を強めている」

などとも言います。

個人的には、「騰勢を強める」、「勢いを増している」、「弾みがつく」などを良く使っています。

一覧へ
株式会社ワードトラスト
WORD TRUST English お問合せはこちらへ 電話:03-6427-0061