翻訳コラム by 石川正志
トップページに定期的に連載している「翻訳コラム」を、バックナンバーとしてまとめました。このコラムでは、金融の世界で使われる独特の表現を一つずつ取り上げ、説明いたします。

金融業界では固有の表現や用語が使われており、辞書などをみても、なかなか適切な訳語が見つかりません。証券・運用業界での実務経験、経済新聞の購読、業界紙の読み込みなどを通じて、「この英語はこの日本語を充てるとピッタリくる」という事例を紹介して参ります。
selective - 銘柄選別

運用業界では「選別」という言葉がよく使われます。

株や債券などの資産クラスで、どの銘柄に投資を行うか、アナリストやポートフォリオマネジャーが分析を通じて常に目を光らせており、その決定が「選別」という言葉で表現されるからです。

投資信託の商品説明書や広告には、たいてい、「銘柄選択」、「銘柄選別」という言葉がどこかに載っているでしょう。英日翻訳の原稿で、この「銘柄選別」に相当する、あるいは関連する英語がselectiveです。

be selective、selective stocksという形容詞だったり、stock selectionという名刺だったりします。

日本語は「選別」のほか、「選択」、「厳選」も使われます。

運用報告書では、以下のような表現が良く使われます。

「ボトムアップ・アプローチによる銘柄選別に注力して参ります」

「銘柄を厳選の上、投資しています」

昨今のアベノミクス相場では、株価が大きく振れており、その中で、
「選別力を磨く」
「選別色が強まる」
「株式市場で選別が進む」
「業績面での選別色が強まる」
といった表現がメディア上でよく使われています。

ややコンテクストが違いますが、「物色」という表現もあります。

「個人投資家の物色が活発だ」
「個別株の物色が盛んだ」

“selective”、「選別」はシンプルですが、基本的な用語ですので、押さえておきたいところです。

一覧へ
株式会社ワードトラスト
WORD TRUST English お問合せはこちらへ 電話:03-6427-0061